「安心」をモットーに
合格へ導く
オンラインでの道しるべ

昔から、受験に合格するためにはとりあえず予備校に通うことが良しとされています。確かに、「予備校に通うことで実績のある先生から授業を受けることができる」「周りの生徒たちが勉強をしているため刺激を受ける」などのメリットが多々あります。予備校に通うことにケチをつけるつもりはありません。しかし、「とりあえず予備校に通っておけばいいや」という盲目的な判断には一度疑問を持つべきです。

正しい勉強とは

「適切な学習プラン」

「正しい内容理解」

「理解不足の問題」
をプロから習う

「正しい問題演習」
を繰り返し行う

予備校ではあらかじめ授業のカリキュラムが立てられているため、「適切な学習プラン」と「正しい内容理解」には過不足がありません。しかし、「理解している問題」の解説を聞くことの無駄な時間や、そこから「正しい問題演習」ができているか管理する仕組みが整っていないことが多いです。

受験には時間が限られているため、
効率化された学習を行うことが大切です。


合格できる、オーダーメード式学習指導

無料で試してみたい方はこちら!


関連コンテンツ