現役東大生とともに東大・医学部など難関大を目指す

昔から、大学受験に合格するためにはとりあえず予備校に通うことが良しとされています。
確かに、「予備校に通うことで実績のある先生から授業を受けることができる」「周りの生徒たちが勉強をしているため刺激を受ける」などのメリットが多々あります。

予備校に通うことにケチをつけるつもりはありません。しかし、「とりあえず予備校に通っておけばいいや」という盲目的な判断には一度疑問を持つべきです。


正しい勉強とは、
「適切な学習プラン」をもとに
「正しい内容理解」を行い

「わからない部分」をプロから習い
「正しい問題演習」を繰り返し行うこと

です。

予備校ではあらかじめ授業のカリキュラムが立てられているため、「適切な学習プラン」と「正しい内容理解」には過不足がありません。
しかし、「理解している問題」の解説を聞くことの無駄な時間や、そこから「正しい問題演習」ができているか管理する仕組みが整っていないことが多いです。


受験には時間が限られているため、効率化された学習を行うことが大切です。



選べる2つの学習プラン

私たちStudy Coach(スタディコーチ)では、徹底的な効率学習を目指し
東大・医学部合格指導コース
東大・医学部合格指導+授業コース

の2コースを用意しています。


東大・医学部合格指導コースでは、現役東大生の勉強ノウハウを元に完璧な学習計画をたてて受験まで毎日学習管理を行います。

東大・医学部合格指導+授業コースでは、日々の学習管理に加えて弱点補強授業など生徒一人一人に適した授業を行うことで、超効率化学習を進めることができます。