東大医学部ってどんなところ?

Pocket

こんにちは、東京大学医学部医学科4年の近藤 右京と申します。

私立灘中学・灘高校に通っていました。その後東大理3現役入学し、医学部に進学して今に至ります。

東大医学部について、授業や生態、通っていた塾などを今日から数回に渡って説明いたします!

まず、今日は東大医学部生の構成について説明したいと思います!

 

特徴①進学振り分け

1つ目の東大の特徴として、2年生前期にどの学部に行くかを決める進学振り分けがあります。

東大医学部110人前後のうち、理3出身が100名弱、理科2類が10名、その他が3名ほどとなっております。

ここで理科2類が他学部に比べて多いのは、理科2類からの医学部進学振り分け枠が10名ほどあるからです。

 

特徴②男女比

2つ目の東大医学部の特徴として、男女比が挙げられます。

異常なほど男子率が高く、80%を超えております。

 

特徴③出身校が固まる

3つ目の特徴は、出身校が固まりやすいことです。

筑駒、開成、灘、桜蔭で全体の40%ほどを占めております。そのため、高校の延長線となってることが多いです(笑)

 

特徴④医学部生向けの部活

4つ目の特徴は、医学部生のみの部活があり鉄門○○部と呼ばれます。鉄門とは東大病院の近くにある門の名前です。

 

こういった環境で6年生まで過ごすのでコミュニティ自体が狭くなってしまいます。そこで、他大の方と交流するためにサークルや部活に入る方も結構多いです! 実際、高校の友達と遊ぶ頻度も高く、自分の中では高校の延長線という表現がしっくりきますね(笑)

Pocket


スタディコーチとは

業界最高峰の

東大コーチ陣

生徒に応じた

学習コース

オンラインで

全国指導可能

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です