【東大生の勉強ブログ】東大生は三度の飯より勉強が好き?

Pocket

こんにちは。東京大学理科二類2年の小川です。

今回は東大生は勉強が好きか嫌いかというテーマについて
自論を述べていきたいと思います。

 

東大生は果たして勉強が好きなのか?

突然ですが皆さんは、
「頭がいい人は皆勉強好き」と思っていませんか?
もしくは勉強が好きだから頭がいいのだと。

それは半分正しく半分間違いです。

私のことで言いますと(頭がいいかは別の問題ですが、一応東大生ということでその体で進めます)、
確かに昔から自分で先の方まで勉強したり、気になったことはとことん調べるという質で、
好きか嫌いかでいうとまあ人よりは好きだったかもしれません。

 

「勉強」と「テスト勉強」

でも勉強より好きなことなんて山ほどありました

外で友達と遊びまわったり、部活の練習や試合で汗を流したり、
漫画やゲームをして気づけば1日が終わるなんてこともよくありました。
ありました、というより今でもよくあります。

好きなことを順位付けしろと言われたら、おそらく勉強は圏外でしょう。
嫌々勉強するなんてテスト前は当たり前です。
周りを見ていて思うのはおそらく私以外も多くはそうだということ。


それに先ほど私は人よりはまあ勉強が好きかもと言いましたが、
それはテストに役立つようなものとは違います

むしろテストでは出ないとわかっているようなことを知るのが好きでした。
勉強が好きというより学ぶことが好き、と言った方が近かったのかもしれません。

つまり私が、
学習好きだったことがテストの点数に直結していたかと言われると
正直微妙なところ
です。

 

しっかりと理由を見つけて勉強を頑張る

そんなわけで学校のお勉強が好きな人だけが必ずしも頭がいい人とは限りません。
だからもし皆さんが
「学校の勉強嫌いだー。だから私は頭が悪いのか」とか思っていたら
それは間違いです。

好きだという人がいても私はその人が純粋に学習が好きなのか、疑問を抱くこともたまにあります。
テストの点数がいいことで褒められたり優越感を感じるのが好きなのを、
勉強が好きと勘違いしているパターンもなくはないと思います。

けれどそれが悪いとは思っていませんよ。
どんな不純な理由であってもやればいいんですから。

結局どんなに嫌なことでもやらなければならないことが時にはあるということですね。(笑)

Pocket


スタディコーチとは

業界最高峰の

東大コーチ陣

生徒に応じた

学習コース

オンラインで

全国指導可能

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です