【現役東大生が解説!】塾や予備校に通うメリットは本当にあるのか?

Pocket

みなさんこんにちは。東大経済学部の住田です。
夏休みが近づいていますが、前期までの成績を見て塾や予備校に通うことを検討している方もいるのではないでしょうか?

ということで、今回は塾や予備校に入ることのメリットについて紹介していこうと思います。

 

【塾や予備校に通うメリット①】勉強効率が上がる

個人的にはこれが一番のメリットだと思っています。
やはりこれまでの受験生のデータを大量に抱えている塾や予備校には、洗練された授業や教材が揃っています。

みなさんがネットを使って自分で自分の勉強を確立していくこともとても貴重な経験になるとは思いますが、
部活動や課外活動の方にも時間を割きたいから
効率よく勉強を進めたいという人にはオススメ
です。

最近は集団で授業を受けるというスタイルだけではなく、
スタディコーチのような個々にカスタマイズするようなスタイルのサービスを
行っている塾や予備校も増えている
ため、検討してみるのもいいと思います。

 

【塾や予備校に通うメリット②】勉強に関して相談できる人がいる

学校の先生ももちろん質問や相談をする対象ではあると思いますが、
普段の授業準備や部活動の顧問などのタスクに追われており、質問する時間がなかなか取れなかったり、
返答が遅れてしまうという場合が多いかと思います。

その点、塾や予備校に質問ができる人がいればすぐに自分の疑問を解消することができます

 

【塾や予備校に通うメリット③】勉強環境に囲まれることで意識が上がる

進学校に通っている学生であれば、
周囲にも同じように難関大を志望する学生が多いと思いますが、なかなかそうもいかないと思います。
様々な事情で塾や予備校など勉強をしようと思っている学生が集まっているとは思いますが、
基本的には意識の高い学生や自分と同じレベルの学生に囲まれる環境を得られると思います。

自分の生活の中に受験を意識した時間を取り入れることができるのは大学進学を考えている人にとっては、
とても良いことだと思います。

 

塾や予備校に通うメリットは十分ある

基本的に、学生にとってはあまりデメリットはないかなと感じています。
最終的な問題は費用だと思うので、親御さんと相談した上で決定していただければと思います。

 

Pocket


スタディコーチとは

業界最高峰の

東大コーチ陣

生徒に応じた

学習コース

オンラインで

全国指導可能

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です