【東大の豆知識】東大生なら無料で利用できるサービスがあるんです

Pocket

こんにちは!東京大学経済学部の住田です。

みなさん、図書館は無料で利用できるものですよね。
他に無料で利用できるサービスと言われたらどんなものが思い浮かびますか?
アプリや街中のWifiなども当たり前になっているかもしれませんが、無料で利用できるものが多いですよね。

ということで、今回は東大に関連する無料サービスについて、私の知っている限りで紹介していきます。

 

国立博物館、美術館の利用

東大が大学パートナーシップ・キャンパスメンバーズという制度に加入しているため、
東大の学生は国立科学博物館、東京国立博物館、東京国立近代美術館、国立西洋美術館、国立新美術館をはじめとする
施設の常設展相当の無料観覧などのサービスを受けられます。

東大の本郷キャンパスから上野付近までは割と近いので、
博物館や美術館が好きな人にはありがたいサービスですね。

 

駒場キャンパス10号館での映画鑑賞

クラスメイトがよく利用していましたが、東京大学駒場キャンパス10号館では割と新しい映画も含めて無料で映画鑑賞ができるんです。
今でこそ、NetflixやAmazonPrimeVideoなどのサブスクリプションサービスが普及してきたため、
月々でお金を払ってはいるけれど感覚的に無料でたくさん映画が見れるというのは普通になってきたかもしれません。

しかし、空きコマの時間や突然休講になってしまった日など10号館に行ってくつろいでみることも可能です。

 

東大の授業や教材

「これ」と特定して挙げることが難しいくらいたくさんあります。
公開講座や教材については、学生でなく一般の方でも誰でも利用できるものもたくさんあります。

例えば、CourseraやEdXという講義を無料で受けられるものや、PAGEという英語を学習できるサイトなどがあります。
こちらのPythonのテキスト(https://utokyo-ipp.github.io/IPP_textbook.pdf)も、
東大数理情報教育センターが無料で提供している良質な教材です。

 

<参照サイト>
・東大MOOC(https://www.he.u-tokyo.ac.jp/activities/utokyo-mooc/)
・PAGE(https://www.he.u-tokyo.ac.jp/activities/page/)

 

大学によって利用できる無料サービスは異なる

今回は以上になります。
東大以外の大学でも、その大学ならではの無料で利用できるサービスがあると思います。

自分が志望する大学で講義以外にどんな事ができるのかというのも調べてみると面白いかもしれませんね!

Pocket


スタディコーチとは

業界最高峰の

東大コーチ陣

生徒に応じた

学習コース

オンラインで

全国指導可能

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です