コラム

HOME > 東大生の勉強ブログ > 【東大式】夏休みのオススメ過ごし方【高校2年生以下必見】
2021年07月30日 studycoach-official 東大生の勉強ブログ

【東大式】夏休みのオススメ過ごし方【高校2年生以下必見】

Pocket

こんにちは。東京大学2年の小川です。

中高生の方はもう夏休みに入った人がほとんどでしょうか。
大学生である私は、去年は必修授業ばかりでレポートとテスト勉強に追われ疲弊していましたが、
必修がほとんどない今年は7月の半ばごろからもう実質夏休みみたいなもので、
典型的な大学生のような生活を送っています。

ですがもちろんレポートもテストも多数こなしましたよ!

今回は夏休みが始まった直後ということで、夏休みの勉強についてお話ししたいと思います。
しかし!こういう時は大抵受験生の過ごし方に注目しがちですが、
今回はまだ受験なんて先がだから考えたくないと思っているであろう1, 2年生に向けて発信したいと思います。

 

高校2年生以下は遊びと勉強を両立しよう

受験生の夏は全てを勉強に費やさなければならない、というほどの気迫を感じますが、
1, 2年生からそれはしんどいというものでしょう。

常々言っているし思っていることですが、学生たるもの遊ぶことや部活も大事です
中学高校それぞれでしかできないものがあったんだなぁ…と今では後悔していることもあります。
だから個人的には夏休みを楽しんで欲しい!

ですが一人の受験経験者として、遊び呆けてばかりもお勧めしません
1, 2年生のうちに全く勉強しておかないと、3年生になってから追いつくのにとても苦労するし、
最悪追いつけないということになりかねません。

 

夏休みは苦手をなくすことに注力

じゃあ1, 2年生のうちはどうすればいいのか、何をすればいいのか、という話ですが、
ずばり苦手を無くしてください!

誰でもこの分野はわかっていないのかわかっているのか微妙だ、というものがあると思いますが、
まずはそれをなくしましょう。難しい問題は解けなくても問題ないです。
基礎をしっかり理解して、基本や標準レベルの問題はスラスラ解けるようになりましょう。そうすれば問題ありません。

逆にしっかり理解しておかないとどうなるのかというと、
一応勉強する時に分野で分けて教えられることが多いと思いますが、
理解する時や解く時にはそれぞれの分野が独立している、ということは少ないです。

つまり序盤でつまずいたものを放置していると、
その先スムーズに進むことができなくなります

ことあるごとになんとなくわからないような気がするとモヤモヤし続け、
結局後になって復習する量が膨大になりすぎて受験までに間に合わなくなる、
ということに繋がりかねません。これはやや経験談でもあります。

 

勉強時間も大事だが、勉強の質も大切に

1, 2年生の人たちは、夏休みな何時間勉強すればいいとかいう情報に踊らされすぎないように。
もちろん勉強時間も目安として参考になりますが、あくまで大事なのは質で、何をしたかです。
この夏休みのうちに苦手はしっかり潰しておきましょう。

 

スタディコーチ(studycoach)は、公式LINEアカウントで受験や勉強にお得な情報を発信中です! 新着記事のお知らせを受け取ることもできるので、ぜひ友達登録よろしくお願いします!

LINE友だち追加ボタン

 

    お問い合わせはこちら