東大生ブログ|考えることをやめない

Pocket

みなさんこんにちは。東大経済学部の住田です。

 

今回は具体的な勉強に関する話ではなく、思考についての考えをつらつらと書いていこうと思います。共通テストや私立大学の受験、国公立大学の2次試験の受験を控えている受験生の皆さん、今日も勉強お疲れ様です。

ところで皆さんはどうして現在の志望校を第一志望に据えましたか?私が東大を志望したのは、幼稚園から高校までずっと同じだった友人が東大に行くと私に伝えてきたことがきっかけです。もちろん他にも東京に来たかったとかいくつか理由はありますが、正直、高校生だった時に自分が大学に入ってからやりたいことなんて分かりませんでしたし、今も自分が将来どんな自分になりたいのか悩んでいる最中です。

 

今回伝えたい事はタイトルの通り考えることをやめてはいけないということです。皆さん目の前の受験勉強の苦しみから逃れるために自分の志望校を変えようとはしていませんか?もちろん、自分の現在の成績や家庭の経済事情などもあるので志望校を下方修正することが悪いことだとは思いません。しかし、自分が現時点で可能な限り描いた将来を実現するために最善だと思った選択から安易に逃れようとしているなら、一度時間をとって自分の考えを整理したほうがいいと思います。

自分も含め、人って精神的・肉体的に弱ってる時は考える力が劇的に低下します。1日単位で考えても、夜中にベッドに入ってから考え事をすると同じことばかり堂々巡りのように考えてしまって眠れなくなるということを経験したことがある方は多いのではないでしょうか。受験生の方であれば目の前に解くべき問題、暗記すべき事項が膨大な量存在している場合が多いですし、大学生でも授業の宿題やサークル・部活の活動など目の前にすべきことが山積している方が多いと思います。そのような状況で考えるのをやめてしまうのか、とことん考え尽くしてとりあえずの着地点にいたるのかで大きく結果が分かれてくると思います。

 

受験も残り短いですが「とにかくやるしかない」で終わってしまう人なのか、「じゃあ、どうしたら本番の得点を最大化できるのか」「そのためにどの科目のどの分野の対策をするべきなのか」と一歩進んで考えられる人なのか、受験だけについてであれば結果がどうなるのかは合格発表日にならないとわかりませんが、人生単位で考えた時に目標を達成できる回数が多いのは確実に後者だと僕は信じています。

Pocket


スタディコーチとは

業界最高峰の

東大コーチ陣

生徒に応じた

学習コース

オンラインで

全国指導可能

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です