東大生ブログ|貧困学生の救世主、予約型奨学金とは

Pocket

こんにちは。東京大学2年の小川です。

皆さんは大学受験にどれくらいお金がかかるか知っていますか?お金のことは気にしなくていいから受けたいところを受けたらいいと言われている人も多くいるかもしれませんが、現実には兄弟にお金を使っているからお前は国公立にいけとか、下宿しないで実家から通えるところ以外はだめだと、金銭的な理由から選択肢が限られている人も多くいるのも事実です。

 

私は親に好きなようにすればいいと言われていましたが、あまり余裕があるわけでもないことは知っていたので、国公立に行かなければならないと思っていました。でもそうは言ってもお金のことを気にして志望校は下げたくない。ただ国公立に落ちて私立に行くことになってしまうとお金がかかってしまう。しかしJASSOの給付型奨学金をもらえる家計基準は超えてしまっているから、貸与型になってしまうけれどそうなると卒業と同時に多額の借金を抱えることになってしまって不安でもある。調べればわかると思うのですが、JASSOという日本学生機構が実施している奨学金制度の家計基準は利子なしの貸与型奨学金を貰うのにも厳しい家計基準があり、多くの人が利子付きのものになってしまいます。

金銭的な事情から何かを諦めなければならないというのは、どうしようもなくやるせないことです。しかし、受験においてはこれを救ってくれる制度があります。それが予約型奨学金です。

 

予約型奨学金とは大学に合格する前に受給の可否がわかる奨学金のことです。一般的に知られているJASSOの奨学金とどう違うのか。下にいくつか特徴を挙げてみました。

 

  • ほぼ全部が給付型(すなわち返さなくて良い)
  • 家計基準がJASSOなど公的なものより緩い(JASSOでは200~300万円だが、予約型給付金は800万円前後のところも数多くあるため、多くの家庭が条件を満たすことが出来る)
  • 年額の給付額が高額(30~60万円が多いと思うが、中には90万円のところもある)
  • 4年間継続給付を保証(初年度のみや2年間のところもあるので注意)
  • 他の奨学金との併用が可能(ただし貸与型とに限られることもあるので注意)
  • 奨学金を取れたからといってその大学に行かなければいけないというわけではない(滑り止めの受験校でもらっておくと心理的余裕ができる)

 

このように予約型奨学金はとても魅力的なものなんです!もちろん必ずしももらえるというわけではありませんが、もし貰えなくても特にマイナスを被ることはありませんので、とりあえず応募してみると上のようなたくさんの恩恵が受けられるかもしれません!予約型奨学金は私立大学の多くで採用されています。

例えば今年度まだ応募が可能なもので言うと、早稲田大学の「めざせ!都の西北奨学金」というものがあります。こちらはなんと家計の給与収入が800万円未満であれば1年で45~70万円が4年間連続で貰えます。しかも珍しいことにこの奨学金は1200人も採用されるようです。

 

そして実は私自身も予約型奨学金に応募していました。先述したようにもし私立に行くことになったら金銭面が不安だったので、自分で調べて私大の予約型奨学金にいくつか応募していたんです。私は法政大学の「チャレンジ法政奨学金」と慶應義塾大学の「学問のすゝめ奨学金」に応募し、ともに採用されていました。学問のすゝめ奨学金に関しては、年額60万円(医学部は90万円)の給付が4年間と入学金相当額が給付され、評定平均の制限はなく家計収入制限は1000万円とかなり寛容です。

ただし首都圏以外の出身者に限られ、学校からの推薦書や入学希望理由書が必要となりますが、計260万円の給付のためと思えば大した手間ではないでしょう。これらは、締め切りが迫っているので今年は難しいかもしれませんが、頑張ればギリギリ間に合うかもしれません。他大学ではまだ実施中のものもあるのでそちらを探してみてもいいと思います。

 

予約型奨学金は金銭面で不安な学生の大きな味方です。私自身も受験生の時そのことで悩んでいました。予約型奨学金だけで悩みが全て晴れるとは思いませんが、それでも少しは足しになると思います。興味のある人は是非調べて欲しいです。

今回書ききれなかったので次回のコラムで私自身の話をもう少しといくつか注意点のお話ししたいと思います。是非そちらもお読みください。

Pocket


スタディコーチとは

業界最高峰の

東大コーチ陣

生徒に応じた

学習コース

オンラインで

全国指導可能

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です