中満廉
工学部マテリアル工学科

玉名高等学校卒。高校生の時から化学が得意、現在も大学にて化学について勉強中。中学時にイギリスで語学研修を行い、英語も高品質な指導が可能。「私の高校では周りに東京大学を受験する同級生が1人もいなかったため、受験期を通し、自分自身で考えて根気強く問題を解決する力を身につけました。その力と、大学に入って周りの友人から吸収したノウハウを組み合わせて、効率良くかつ勉強が楽しくなるような授業をお届けします!」

齋藤樹
前期教養学部理科一類

聖光学院高等学校卒。個別指導の塾での指導経験あり。「一人ひとりの学習スピードや得意不得意分野は違うので、自分に合った勉強方法、計画を立てていくことが大切だと思います。僕自身の中学受験、大学受験などの経験を存分に活かして生徒の皆さまを全力でサポートしていきたいと思います。」

山本空冬
前期教養学部文科一類

東大寺学園高等学校卒。英検1級保持。大学入学共通テスト得点率95%。東京大学入学試験得点率71%(英語上位1割)。中高6年クイズ研究部に所属し、部長も経験(テレビ・新聞取材経験あり)。「私は受験期に塾・予備校通いなしで現役で東大に合格しました。留学経験のない状態から鍛えた英語をはじめとして、分からないところからスタートして一歩一歩成績を向上させていった積み重ねがあります。それを活かして、勉強を通して理想の自分を実現できますようお手伝いしたいと思います!」

白井帆香
工学部社会基盤学科

沼津東高等学校卒。地方の県立高校から、塾や通信教育等を利用することなく文科二類に現役合格。一年間程度のオンライン家庭教師の他、個別指導のチューター等を経験し、相手の「分からない・できない」に寄り添う指導を実施。「勉強はいつも私の選択肢や世界を広げてくれました。皆様の「分からない・できない」に寄り添い学力向上を目指すと共に、自ら考え実行する力を身に付け一生モノの力としての「勉強」を身に付ける伴走をできればと思います。」

松本周平
工学系研究科システム創成学専攻

私立武蔵高等学校卒。小中高とサッカー部に所属しており、勉強と部活の両立を体現。最終的には高3の10月まで部活をやり、東大に現役合格。小中高生の家庭教師の経験あり。特に小学生については受験生の指導経験があり、志望校合格のサポートを経験。また、リクルートの学習支援サービスにて、中学生の日々の学習計画管理から質問対応までのトータルサポートを行っていた経験もあり。TOEFL iBT 101点。「以上の経歴から、どんな生徒さんに対しても、成績UPに全力でコミットしながら、勉強以外のことについてもなんでも相談できるような存在になりたいと思います!そうしてモチベーションを保ちながら、皆さんにあった学習計画を立てて、それを実行するという過程を全力でサポートいたします!」

K.E.
文学部社会学専修

学習院女子高等科卒。過去に5週間の留学経験があり、TOEIC890点を取得。文系ではあるが、大学受験生時代の模試では数学で偏差値80を取った経験あり。東大冠模試では、成績優秀者として冊子掲載。また、個別指導塾で幅広い年代の生徒さんに英語と数学を指導していた経験あり。「私は大学付属の中高一貫校出身です。先取り教育がなく、友達が内部推薦での大学進学を決め遊んでいる中、目標を見失わず自分のペースで学習を続け、東大に現役合格しました。勉強は、ただ量をこなすのではなく、正しいやり方で、モチベーションを保ちながら行う事が肝要です。この実現に向けて皆様を全力でサポートします!」

渡辺莞爾
前期教養学部理科一類

都立西高等学校卒。高校3年生の夏から約1年間アメリカに留学を行い英語を得点源としていたため、受験英語だけではなく実際に使われている表現や単語も紹介が可能。高校受験も大学受験も塾にはほとんど通わず、自分で勉強法や計画を考えていた。「どうすれば勉強の効率が上がるのかを自分で考えて実践していくことが成績向上のカギだと思います!皆様が自分で考え自分で行動できるようになるために、全力でサポートしていきます!」

藤次徹也
工学系研究科電気系工学専攻

栄東高校卒。栄東高等学校卒業。TOEFLiBT108/英検1級。個別指導塾歴4年。幼少期をアメリカで過ごし帰国子女枠受験の経験あり。「私は受験時は塾・予備校に通うことなく、学校の勉強をベースにした自分に最適な勉強法を確立しました。無数の勉強法の中から自分に合ったものを見つけることが合格への近道だと考えているので、生徒様に寄り添い、自分の経験を活かすことで最適な勉強法・学習プランを探していきたいと思います。」

池田周貴
前期教養学部文科一類

大阪桐蔭高校卒。スクールIEで個別指導をしていた経験あり。英検準一級保持。「物事には色々な見方があります。一つの事象を経済的観点から見ることもできれば、政治的観点から見ることもできます。また別の事象に対しても、物理的観点があれば化学的観点もあります。このように異なる分野が一つの事象を通してつながった時、勉強は一気に面白くなると思います。その喜びを伝えられるような指導を心がけます。」


関連コンテンツ