コラム

HOME > コラム > 【東大生解説】仮面浪人のメリットと仮面浪人で合格するのに必須の〇〇とは?
2023年10月16日 studycoach-school コラム

【東大生解説】仮面浪人のメリットと仮面浪人で合格するのに必須の〇〇とは?

Pocket

【東大生解説】仮面浪人のメリットと仮面浪人で合格するのに必須の〇〇とは?

【東大生解説】仮面浪人のメリットと仮面浪人で合格するのに必須の〇〇とは?

こんにちは!

スタディコーチ新宿校のカガミです!

みなさんは仮面浪人をご存知でしょうか?

私は現役の時は東大に落ち、某予備校で浪人をしていたのですが、その時周りに何人か仮面浪人をしている友人がいました!

仮面浪人とは、一般的には、大学に在籍しながら別の大学や学部の入学試験を目指す学生のことを指します。

大学に通いながら、入試の勉強をするのですから当然とても難易度は高いです。

それでも、目標とする大学に合格したいという志ある方に向けて!!

本記事では、現役東大生の私が、仮面浪人の実態やメリット・デメリット、そして仮面浪人で合格するために必須の〇〇について解説します!

この記事を監修した人

カガミ

東京大学文学部2年生です。一浪して入学しました。現在はスタディコーチ新宿校で勤務しています。自分の受験経験を活かし、みなさんのお役に立てればと思います!

 

仮面浪人とは? 合格率は?

仮面浪人とは? 基本的な定義と特徴

仮面浪人とは?

仮面浪人とは、

大学に入学・在籍しながら、それとは別の希望する大学や希望する学部の入学試験のための勉強をしている学生を指します。

私の身近な例ですと、私が在籍していた予備校には慶應義塾大学に在籍しながら、東大合格を目指している友人がいました!

 

仮面浪人の第一志望校合格率

仮面浪人の第一志望校の合格率は10%程度です。

かなりショッキングな数字ですよね…

現役生の第一志望合格率はおよそ70%と言われているので、仮面浪人はかなり厳しいことがお分かりいただけると思います。

 

通常の浪人との違い

通常の浪人生と仮面浪人生の最大の違いは、仮面浪人生は大学に在籍しながら受験勉強を行う点です。

これにより、仮面浪人生は大学の授業や活動に参加しつつ、受験勉強を並行して行う必要があります

ここが、仮面浪人の難しさでしょう。

では、難易度が高いにもかかわらず通常の浪人ではなく、わざわざ仮面浪人を選ぶメリットとはなんでしょうか?

それを次の段落で見ていきましょう!

 

仮面浪人のメリット

仮面浪人のメリット

 

仮面浪人の厳しい現実をお伝えしましたが、もちろんメリットもたくさんあります!

ここからは仮面浪人のメリットをご紹介します!

 

併願校の対策の必要がない

仮面浪人生は、現在在籍している大学を滑り止めにできるので、滑り止めの大学を受ける必要がありません!

つまり、第一志望校の対策だけに集中ができます!

 

精神的な安心感

仮面浪人生は、現在在籍している大学があるので、仮に受験に失敗しても行く大学があるという精神的な安心感があります。

浪人期はメンタルが不安定になることが多いので、その点では有利と言えるでしょう!

 

大学生という肩書き

これは意外かもしれませんが、「〇〇大学に在籍する大学生」という肩書きが得られます。

私も浪人していたので、すごく共感できるのですが、浪人生という肩書きはとても居心地が悪いです笑

学割が必要な場所に行った時も、肩身の狭い思いをしたことがあります。(実際には予備校の学生証でも学割が効きます!)

 

仮面浪人のデメリットと対策

仮面浪人のデメリットと対策

しかし、仮面浪人にはデメリットも存在します。

前述したように仮面浪人の第一志望校合格率は10%程度です。

それだけ、大きなデメリットが存在するということになります。

 

入試のための勉強時間が短くなる

仮面浪人の一番大きなデメリットが、入試のための勉強時間が普通の浪人生に比べ必然的に短くなることです。

仮面浪人生は、在籍している大学の授業への出席、テスト、レポートの執筆が必要なので、必然的に受験勉強に割く時間は短くなってしまいます。

もちろん休学するという手もありますが、相当な経済的余裕がない限り難しい選択でしょう。

 

経済的な負担が大きい

仮面浪人は経済的な負担がとても大きいです。

まず必要なのが在籍大学の入学金と学費です。

そして、予備校に通う場合は、予備校の授業料もここに追加されます。

また、仮面浪人を経て志望校に合格すると、その大学の入学金と学費も必要になります。

 

誘惑が多い

大学に入ると様々な遊びの誘惑があります!

サークル、クラスなどで新たな友人ができ、遊びに誘われる機会も増えるでしょう。

そういった誘惑を振り払って受験勉強に専念するには相当な精神力が必要だと思います。

 

 

仮面浪人で合格するのに必須の〇〇

仮面浪人の成功率を大きく変える要因

 

合格率の低い仮面浪人で、成功するために必須のことは何でしょうか?

私が予備校に通っていた時に仮面浪人をしていた友人は、5人ほどいましたが、なんと全員東大に合格していました!

そんな仮面浪人で東大に合格した5人を見ていて気づいたことをまとめようと思います!!!

 

自己管理能力

仮面浪人で合格するために何より大切と言っていいのが、自己管理能力です。

経済的負担が大きいのですから、自分が何のために仮面浪人をしているのかを忘れず、誘惑に打ち勝ち、効率的に受験勉強をする必要があります!

1年間の計画をしっかり立て、そこから逆算して今日は何時間勉強をするかを自己管理できるような人は合格します。

 

大学の授業を取りすぎない

大学に入ったばかりだと履修しすぎてしまう人もいます。

仮面浪人生にとって、これは禁物です!!

最優先事項は受験勉強ということを忘れないようにしましょう。

最低限、「必修」の授業だけに留めるのがオススメです。

私の友人の場合も、休学しているか、あるいはほとんど授業を取っていませんでした。

 

適切なコーチングをしてくれる人の存在

自己管理能力が大事と言いましたが、やはり一人で仮面浪人を乗り切るのは困難です。

何が必要か、客観的にコーチングしてくれる人がいると安心です!

この点でおすすめなのが、スタディコーチです!

スタディコーチは、東大・早慶生が生徒さんの学習計画を毎週管理するサービスです!

オーダーメイドのカリキュラムを作成し、毎週の面談で学習状況を管理することにより、最短距離で第一志望校に届きます

 

まとめ:仮面浪人のメリットと仮面浪人で合格するのに必須の〇〇

仮面浪人についてまとめます!

・仮面浪人の第一志望校合格率は約10%と低い。

・メリットは、併願校の対策の必要がなく、進学する大学があるという精神的な安心感を得られること

・デメリットは、勉強時間が短くなり、またお金もかかること

・合格するためには、自己管理能力と第三者のコーチングが必要

仮面浪人をされる方は、ぜひこの記事を参考に第一志望校合格を掴み取っていただければと思います!応援してます!!

 

またスタディコーチ(studycoach)の公式LINEアカウントでは、受験や勉強にお得な情報を発信中です! 各種イベント・お得なキャンペーンのお知らせを受け取ることもできるので、ぜひ友達登録よろしくお願いします!

LINE友だち追加ボタン

 

 

今回の記事の執筆者は、スタディコーチ(studycoach)でコーチも実際に務めています!

スタディコーチ(studycoach)は現役東大生・早慶生のみが質の高い授業を行っており、高い指導実績と満足度を誇る個別指導塾です!

  • ただの授業では終わらない「オーダーメイドのカリキュラム作成」
  • 東大生に質問し放題の「オンライン自習室」

など、充実したサービスについてもっと知りたい方は、TOPページをご覧ください!TOPページを覗く

合格実績

無料体験はこちら
お問い合わせはこちら