コラム

HOME > お知らせ > 第1回OBOG座談会【筑駒・開成】の様子をご紹介!【2022】
2022年05月06日 studycoach-official お知らせ

第1回OBOG座談会【筑駒・開成】の様子をご紹介!【2022】

Pocket

OBOG座談会01

現役東大・早慶生による指導が受けられるオンライン個別指導塾スタディコーチ(studycoach)はこの度、第1回OBOG座談会【筑駒・開成】(2022年4月25日)を開催いたしました。

開成中学校・高等学校(通称「開成」)は私立男子御三家に数えられる名門校で、例年最も多くの東大合格者数を誇るトップクラスの進学校として有名です。2021年には、なんと100名以上もの現役東大合格者を輩出しました。

また筑波大学附属駒場中学校・高等学校(通称「筑駒」)は、開成、灘高校に次ぐ東大合格者を誇り、特に現役合格率が高いことで有名な都内の私立学校です。

 

今回はそんな著名な学校出身の現役東大生で、現在スタディコーチでオンライン個別指導にも当たっているコーチ4名をお招きしました。

また司会には「東大王」への出演でも話題の猪俣大輝さん(灘高校出身、スタディコーチ所属)をお迎えし、中高時代の過ごし方から勉強への姿勢、東大生活のリアルに小学校時代の過ごし方まで、非常に幅広い質問にズバリお答えいただきました!

 

この記事では、座談会の概要と一部を厳選してお届けいたします。

また参加した学生・保護者の方々からは多大な反響をいただきましたので、皆様の生の声をぜひお聞きください!

登壇したコーチのご紹介

  • 齋藤コーチ|開成中高卒|東京大学工学部4年
  • 留野コーチ|開成中高卒|東京大学理科一類1年
  • 中山コーチ|開成中高卒|東京大学文科一類2年
  • 本富コーチ|筑駒中高卒|東京大学理科一類2年
  • (司会)猪俣|灘中高卒|東京大学法学部4年

 

最新の開成・筑駒のリアルな内情がお伝えできるよう、ここ数年で開成・筑駒を卒業されたOBの方々に多く登壇していただきました。

 

座談会のテーマ&質問リスト(一部抜粋)

 

今回多数の学生・保護者の方々からご参加いただいたため、座談会にあたって皆様に事前に「開成・筑駒OB(兼現役東大生)に聞きたい質問」をお聞きいたしました。

当日はいただいた質問をいくつかのテーマごとに分け、順に4名のOBの方々へお話を伺っていきました。

 

テーマ一覧

  1. 中高生活について
  2. 中学受験について
  3. 小学校生活について
  4. 中高での勉強・受験について
  5. 東大生となって

 

テーマ① 中高生活について

ーどういう生徒が開成・筑駒に向いている?

  • (齋藤コーチ|開成中高卒)勉強でも運動会でも、自分で熱意を持ち、やらなければならないことをしっかり管理できる人が向いていると思います。それが、(高校生活を)楽しむためにも重要なのかなと思います。
  • (本富コーチ|筑駒中高卒)学校が勉強を矯正する場ではないので、有名塾に行くか・自分で勉強できるかなど、環境によって大きく学力に差が開きやすいかなと思います。大学受験という点で考えたら、学校で遊びつつ、しっかり実力のある塾に通うことが重要かなと思います。

 

ー逆に、開成・筑駒のデメリットは?

ー今考えると、共学に行きたかった?

テーマ② 中学受験について

ー中学受験時代の親のサポートはどのようなもの?

  • (中山コーチ|開成中高卒)しんどい時こそ、母親が「この問題終わったらお菓子あげる」など、上手くご褒美を用意してくれていました。
  • (本富コーチ|筑駒中高卒)親は成績について意見してこなくて、精神的にありがたかったです。また、小学校から直接塾へ向かうときに、荷物を交換してくれたり
  • (留野コーチ|開成中高卒)主にプリントや教材の整理、やるべきリストを作ってもらっていました。プリントは多いですし、整理がニガテだったので、助かりました。
  • (齋藤コーチ|開成中高卒)成績とかですごい言われたらしんどかっただろうなあと思います。ウチはそうでなかったので(よかった)。

 

ー中学受験塾はいつから行き始めた?どういう塾に通った?

ー開成や筑駒に合格するために、一般の中学受験勉強とは違う知識やスキルは必要?

 

テーマ③ 小学校生活について

ー親の教育方針は?「勉強しなさい」と言われた?

  • (留野コーチ|開成中高卒)多分言われていたかな……と思いますが、親にすごく言われた記憶はなくて。どちらかというと、塾で言われていた印象です。
  • (齋藤コーチ|開成中高卒)低学年くらいまでは両親に教わっていたこともありましたが、高学年になってからは全く干渉されなかったですね。「勉強しなさい」とガミガミ言われることもなかったですし、そもそも「開成に行かなくてもいい」スタンスで、ずっと味方で応援してくれたので、よかったです。
  • (中山コーチ|開成中高卒)ウチも丸つけやプリント整理、過去問の順番管理とかはサポートしてもらっていましたね。直接的に「勉強しなさい」とは言われませんでしたが、勉強に集中しやすい環境を知らず知らずのうちに作ってくれていたのかなと思います。また「開成に行きなさい」と指示されたこともなかったです。運動会に連れて行ってくれたりして自然と志望するようになっていたので、今思えば誘導だったのかな?とも思います。(笑)

 

ー習い事は何をいつまでしていた?どれくらい時間をかけていた?

ー小学生の時に英語はやっていた?

 

テーマ④ 中高での勉強・受験について

ー中学にギリギリで入ると、勉強は大変?

  • (本富コーチ|筑駒中高卒)全くそのような印象はないですね。むしろ「成績がとても良い人が、受験では全然受かりそうになかった」というパターンも結構あったりしました。
  • (留野コーチ|開成中高卒)僕もそのような印象はないですね。中学受験だと地頭が良い人は短期間でできるイメージがありますし、僕は入試ではギリギリな方でしたが、定期試験では真面目さの方が重要だったかなと思います。

 

ー地方在住という地域ハンデ(鉄緑会などの教育や競争環境)を乗り越えるには?

ー中高での勉強と、塾での勉強。どちらに比重を置いていた?

 

テーマ⑤ 東大生となって

ー超エリートコースを歩んでいるが、社会に対する使命感のようなものは感じる?

ーもう一度中学受験をすることになったら、それでも開成・筑駒を選ぶ?

 

以上はほんの一部ですが、とてもユニークな質問も多く、4人のOB全員が本音を聞かせてくれました。

 

参加した皆様の感想(一部抜粋)

 

・多くの質問に回答が得られた。本音が聞けた。一人の学生にあまり長く話させすぎずテンポ良く次の質問に移っており、猪俣さんのハンドリングも非常に良かったです。

生でリアルな情報を本音でくださり大変参考になりました。流れやテンポも素晴らしかった。

・学校主宰の座談会等とは違い、何の縛りもない真の声を聞くことができました。

・東大生から直接話を聞くことができ、(生徒)本人の意識が変わった

・「見守る、思い入れを注入しすぎない、でも応援やサポートは全力でやる」といったお母様方の関わり方を伺い、母の関わり方について大変勉強になりました。

・専門家や記者の意見ではなく、実際直近まで在籍していた方のお話なのでリアリティがあり、学校のイメージがつきやすかった

 

現役東大生でもあり、ほんの数年前まで開成・筑駒に所属していたOBならではのコメントを評価してくださる方が多かったようです。

また中々大手塾や学校主催の座談会では聞けない家庭の様子や保護者の関わり方、デメリットなどといった側面についても包み隠さず話していたため、「参考になった」という声が多数寄せられました。

 

さらに、今回の座談会を経て、

「サービスに興味が湧いた」と答えた方が80%以上、すぐに無料体験講座へ申し込まれた方(及び小学校高学年になったら申し込みたいと答えられた方)が40%以上という結果になりました。

 

まずはお気軽にOBOG座談会へ参加し、聞きたい質問を先輩たちに答えてもらうのが一番ですね!

 

今後の座談会の日程・ご申し込みはこちら!

【開成・筑駒】に続きまして、第2回では女子校のトップ2校のOGの方々にご登壇していただきます!!

第2回OBOG座談会【桜蔭・女子学院】(2022年5月7日 21:00〜22:00予定)【第2回OBOG座談会に申し込む】

 

ご好評につき、第3回以降も順次計画中です!詳細決定し次第追記&お知らせしていきますので、ぜひ奮ってご参加ください!

 

スタディコーチの公式LINEアカウントを友だち登録しておくと、イベントのお知らせやLINE友だち限定の「東大式」勉強ガイドブックを受け取ることが可能です!他にも受験に役立つコンテンツを続々配信していきますので、ご登録お待ちしております。

LINE友だち追加ボタン

 

 

 

ライター情報

H・K

東京大学工学部3年生。小学校・中学校・高校・大学と受験を経験してきました。最大限リアルで正直な情報を、受験に挑む全ての方へ届けたいと考えています!

 

    お問い合わせはこちら