コラム

HOME > 東大生の勉強ブログ > 【東大式】『古文単語315』の効果的な使い方を徹底解説!
2023年07月31日 studycoach-school 東大生の勉強ブログ

【東大式】『古文単語315』の効果的な使い方を徹底解説!

Pocket

【東大式】『古文単語315』の効果的な使い方を徹底解説!

古文単語は一つの単語に複数の意味があるものが多く、なかなか覚えるのが大変ですよね。そこで今回は、古文単語の暗記を大きく助けてくれる『古文単語315』の効果的な使用法を詳しく解説します!

古文の学習法を見直して古文の理解を深め、受験勉強に自信を持って取り組みましょう!

この記事を監修した人

古文単語315

R.K
東京大学の文科三類に在籍中です。
地方から浪人を経て入学しました。
現在は理系学部への進学を目指しています。
勉強に関する様々な情報をお届けしていきます!

 

古文単語315とは何か?

古文単語315-2

『古文単語315』とは、古文の学習に必要な基本的な単語315語を集めた学習教材です。

古文の理解を深めるためには、単語の意味を理解することが基本となります。そのため、古文単語315は古文の学習において重要なツールとなります。


古文単語315の概要と特徴

厳選された315語の各単語について、その意味語源使い方の例が詳しく解説されています。

単語は意味や用法によってカテゴリ分けされており、関連する単語を一緒に学ぶことができます。これにより、単語の意味だけでなく、古文全体の文脈を理解するのに役立ちます。


また『古文単語315』は、その構成と内容から初学者にも適しています。まず、
315語という数は、古文の基本的な単語を網羅している一方で、一度に覚えるには適量です。

さらに、『古文単語315』は、単語を覚えるだけでなく、それらを使って古文を読み解く力を身につけることを目指しています。そのため、単語の学習だけでなく、それを活用した読解の練習も重視しています。

 

これにより、古文の単語を覚えるだけでなく、それらを使って古文を自由に読み解く能力を身につけることができます。

 

【東大生が実践】古文単語315の効果的な使い方

古文単語315-3

 

現役東大生R.K
現役東大生R.K
『古文単語315』の効果を最大限に引き出すために、適切な使い方を押さえましょう!

ここで、現役東大生である筆者がどのように『古文単語315』を活用していたか、詳しく解説していきます!

古文単語315の学習法:1周目、2周目、3周目の学習法

『古文単語315』の学習法は、3つのステップに分けられます。それぞれのステップでの目標方法を以下に示します。

  • 1周目:まずは単語の意味を丁寧に覚えましょう。見出し語の意味を理解し、それぞれの単語がどのような状況で使われるのか、例文を通じて理解します。この段階では、15語ずつ学習し、その後で自己テストを行います。

  • 2周目:1周目で学習した単語を再度確認します。今度は30語ずつテストを行い、間違えた単語にはチェックをつけます。間違えた単語は再度見直し、その意味と使い方を確認します。

  • 3周目:最後に、チェックをつけた単語を中心にテストを行います。この段階で間違える単語は、特に注意が必要な単語です。これらの単語は何度も見直し、完璧に覚えることを目指します。

 

テスト方法と間違えた単語の対処法

テストは、自分自身で行う自己テストが効果的です。赤シートを使って単語を隠し、意味を書き出す、あるいは口頭で説明するなどの方法があります。

間違えた単語は、再度その単語の意味や使い方を確認し、例文を読んで理解を深めます。また、間違えた単語はリストアップし、定期的に見直すことも重要です。

 

以上が、古文単語315の効果的な使い方です。この方法を用いて学習を進めることで、古文の単語を効率的に覚え、理解を深めることができます。

古文の知識を増やし、古文の読解力を向上させることで、大学受験に対して自信を持つことができるでしょう。


また以下の記事で古文の勉強法自体もマスターして、より大きな効果を得ましょう!

【現役東大生が教える!】国語の勉強法 その3(古文の勉強法)

 

古文単語315の注意点と対策

古文単語315-5

『古文単語315』を使う上での注意点対策を理解することは、効果的な学習を進めるために重要です。

まず、『古文単語315』は単語帳であり、問題集ではないことを理解しましょう。単語とその意味を覚えることが主な目的であり、それだけで古文の実力がつくわけではありません。


しかし、正しく意味や使い方を覚えれば、早慶レベルの大学に合格につなげるのも夢ではありません。

古文単語315を使う上での注意点

『古文単語315』を使う上での注意点は、単語を覚えるだけではなく、読み方や古文常識を知り、演習問題などで実践を繰り返すことが重要です。

また、『古文単語315』を何となく眺めるのではなく、1冊まるごとマスターすることを目指しましょう。意味や使い方をしっかり覚えることができれば、古文の成績は格段に上がるでしょう。

 

注意点に対する対策

注意点に対する対策としては、優れた参考書とは言え、あくまで単語帳であることを理解し過信しないようにしましょう。

学習はインプットとアウトプットのバランスが極めて重要なので、インプットに偏り過ぎないように気をつけ、確認テストや別の参考書で実践的な問題に取り組むなど工夫が必要です。

 

まとめ:古文315を効果的に活用しよう!

古文単語315-6

この記事では『古文単語315』の効果的な活用法について説明しました。以下の点を押さえ、日々の学習に役立てましょう。

  • 単語とその意味を丁寧に覚える
  • テストを利用して知識の定着を図る
  • 間違えた単語は再度覚える
  • 例文や語源の解説を利用して理解を深める
  • 段階的な学習で効率的に進める

これらの方法を活用することで、古文の学習がより効率的になり、古文の成績向上につながります。高校生の皆さん、ぜひ『古文単語315』を活用して、古文の学習を効果的に進めていきましょう!

LINE友だち追加ボタン

またスタディコーチ(studycoach)の公式LINEアカウントでは、受験や勉強にお得な情報を発信中です! 各種イベント・お得なキャンペーンのお知らせを受け取ることもできるので、ぜひ友達登録よろしくお願いします!

べん勉強計画を立ててくれる塾!_8

今回の記事の執筆者は、スタディコーチ(studycoach)でコーチも実際に務めています!

スタディコーチ(studycoach)は現役東大生・早慶生のみが質の高い授業を行っており、高い指導実績と満足度を誇るオンライン個別指導塾です!

  • ただの授業では終わらない「オーダーメイドのカリキュラム作成」
  • 東大生に質問し放題の「オンライン自習室」

など、充実したサービスについてもっと知りたい方は、TOPページをご覧ください!TOPページを覗く

合格実績

無料体験はこちら
お問い合わせはこちら