コラム

HOME > 東大生の勉強ブログ > 【受験生必見!】中学生の理想の睡眠時間は?睡眠不足が与える影響とその解決策
2023年09月23日 studycoach-school 東大生の勉強ブログ

【受験生必見!】中学生の理想の睡眠時間は?睡眠不足が与える影響とその解決策

Pocket

【受験生必見!】中学生の理想の睡眠時間は?睡眠不足が与える影響とその解決策

 

受験勉強と並行して健康的な生活を送るためには、睡眠時間の管理が非常に重要です。

この記事では、中学生の適切な睡眠時間と睡眠不足が学業に与える影響、さらに睡眠の質を高める方法について解説します。

中学生のみなさんに、受験勉強と並行して取り組むべき適切な睡眠とその管理方法をお届けします!

この記事を読んで、適切な睡眠時間を理解して受験勉強を効率よく進めましょう!

 

この記事を監修した人

この記事を監修した人

R.K

東京大学の文科三類に在籍中です。
地方から浪人を経て入学しました。
現在、理系学部への進学を目指しています。
勉強に関する様々な情報をお伝えしていきます!

 

 

中学生の必要な睡眠時間

勉強をいくら頑張っていたとしても、適切な睡眠が取れていなければその効果は激減してしまいます。

それでは具体的に、中学生に必要な睡眠時間はどれくらいなのか確認していきましょう。

 

睡眠時間の科学的根拠

中学生にとって、一晩の睡眠時間は平均で7~9時間が推奨されています。

これは脳と身体の成長、および翌日の学習効率に直結するからです。

最低でも7時間は睡眠時間を確保するように心がけましょう。

 

睡眠時間と学業成績の関係

睡眠時間は学業成績に大きな影響を与えます。

特に「集中力」「記憶力」に影響すると効率の良い勉強ができなくなってしまいますので注意しましょう。

 

睡眠と集中力

良い睡眠は集中力の向上につながります。

睡眠時間が短いと、勉強時間が長くても集中力が散漫になるリスクがあるので注意しましょう。

 

睡眠と記憶力

睡眠中に脳は情報を整理し、記憶力が高まると言われています。

特に深い睡眠が重要とされており、これが不足すると記憶の定着がうまくいかない場合があります。

受験において記憶力は最も大事な力の一つと言っても過言はないので、適切な睡眠を取ることを心がけましょう。

 

睡眠不足の健康リスク

睡眠時間は健康状態にも影響を与えます。

身体面・精神面の両面に影響が出る可能性がありますので、注意しましょう。

 

身体的影響

睡眠不足は免疫力の低下、成長ホルモンの分泌不足など、身体に多くの悪影響を及ぼします。

筆者も大学受験を控えた高校3年生の春に、「今年は気合を入れて勉強するぞ!」と思って睡眠時間を3〜4時間程度しか取らずに勉強をしていた時期がありました。

ただ、そうすると

  • 頭痛がよく起こるようになり、結果的に勉強時間が確保できない
  • 逆に日中眠くなって勉強に集中できない

といったことが起こるようになりました。睡眠不足は良いことは絶対ないので、睡眠時間を削りすぎないように注意しましょう。

 

精神的影響

精神的にも、不眠はストレスや不安を増大させ、その結果として学業成績にも悪影響を与える可能性があります。

また、不眠はうつ病などの精神疾患とも関わりが深いので、注意が必要です。

受験において、ネガティブになることは本来の自分の実力を出しきれないことにもつながる恐れがあるので、睡眠時間はしっかり確保するようにしましょう。

 

睡眠の質を高める方法

ここまでで睡眠の大切さは伝わったかと思います。

次は具体的に、睡眠の質を高める方法をご紹介します。

 

環境の整え方

睡眠の質を高めるには、部屋の温度や照明、さらには寝具などの環境が大きく影響します。

適切な温度は大体20~25度、そして暗く静かな環境が理想です。

寝る時に「快適だな」と感じられる環境か今一度確認してみるようにしましょう。

 

ライフスタイルの改善

カフェインや糖分の取りすぎは避け、規則正しい生活習慣を心がけることも大切です。

受験勉強の際はカフェインの入った飲み物を飲みすぎに注意しましょう。

また、寝る前のスマートフォンやPCの使用を控えることで、質の高い睡眠を得やすくなります。

 

 

現役東大生からのアドバイス

これまでも述べてきたように、勉強、特に受験勉強においては睡眠は重要です。

具体的に勉強と睡眠をどう組み合わせればよいか、私の経験談も交えてご紹介します。

 

睡眠と受験勉強のバランス

受験勉強において、学習の質を高めるためには、適切な睡眠と勉強のバランスを保つことが重要です。

特に長期戦になる受験期間中は睡眠不足を削るといった無理は禁物です!

中学生に推奨される睡眠時間は7~9時間です。適切な睡眠をとることで、記憶力や集中力が向上し、学習効率が上がります。

無理な夜更かしを避け、「寝ることも勉強の一部」と考えて、規則正しい睡眠習慣を心がけましょう。

 

効果的な休息の取り方

短時間の仮眠も有用ですが、20分以上になると深い睡眠に入ってしまう可能性があるため、15–20分程度が最適です。

また、コーヒーや紅茶などのカフェインは、摂取後20分~1時間で覚醒効果が出てくるといわれているため、

仮眠をする前に摂取しておくと、寝起きもすっきりします。

 

まとめ:適切な睡眠時間を確保し、受験成功と健康な生活を手に入れるには

 

いかがでしたでしょうか?今回は中学生の睡眠時間の重要性を解説してきました。

主に以下2点になります。

  • 適切な睡眠時間を確保することは学業成績向上だけでなく、健康にも良い影響を与えます。
  • 睡眠の質を高めるためには環境整備とライフスタイルの改善が必要です。

 

また、最適な睡眠時間を確保するために必要なステップは以下2点になります。

  • 睡眠時間が不足している場合は早めに改善策を講じましょう。
  • 環境やライフスタイルの改善に取り組み、質の高い睡眠を確保しましょう。

 

以上の内容を総合すると、中学生の適切な睡眠時間とその管理は、受験に向けた勉強だけでなく、健康面でも非常に重要です。

是非とも実践して、学業成績と健康の両面を向上させましょう!

 

LINE友だち追加ボタン

またスタディコーチ(studycoach)の公式LINEアカウントでは、受験や勉強にお得な情報を発信中です! 各種イベント・お得なキャンペーンのお知らせを受け取ることもできるので、ぜひ友達登録よろしくお願いします!

 

今回の記事の執筆者は、スタディコーチ(studycoach)でコーチも実際に務めています!

スタディコーチ(studycoach)は現役東大生・早慶生のみが質の高い授業を行っており、高い指導実績と満足度を誇る個別指導塾です!

  • ただの授業では終わらない「オーダーメイドのカリキュラム作成」
  • 東大生に質問し放題の「オンライン自習室」

など、充実したサービスについてもっと知りたい方は、TOPページをご覧ください!TOPページを覗く

合格実績

無料体験はこちら
お問い合わせはこちら