コラム

HOME > コラム > 【日本史全国一位の東大生が解説!】日本史の勉強法!
2023年10月09日 studycoach-school コラム

【日本史全国一位の東大生が解説!】日本史の勉強法!

Pocket

【日本史全国一位の東大生が解説!】日本史の勉強法!

【日本史全国一位の東大生が解説!】日本史の勉強法!

こんにちは!

スタディコーチ新宿校のカガミです!

今回は日本史の勉強法について解説していきます!

日本史は文系の学生にとって国立私立に関わらず必要な科目です。

特に、東大合格を目指す学生たちは、多くの科目を学習しなければならず、日本史は軽視されがちですが重要な科目の一つです。

私は、某予備校の東大模試で日本史全国一位をとったことがあり、入試本番では54点(60点中)でした。

そんな日本史が得意な現役東大生の私が東大合格を目指す学生のための効果的な日本史の勉強法とテクニックを紹介します!

これらの勉強法を実践することで、日本史の理解が深まり、より高い点数を取得することができるでしょう。

この記事を監修した人

カガミ

東京大学文学部2年生です。一浪して入学しました。現在はスタディコーチ新宿校で勤務しています。自分の受験経験を活かし、みなさんのお役に立てればと思います!

 

日本史学習の重要性

日本史学習ってそもそも役に立つのか?と言う疑問があるかもしれません。

日本史学習は、我々が過去の出来事から学び、未来を考えるための重要なプロセスです。日本史を学ぶことで、我々は国の成り立ちや文化の発展、歴史的な背景を理解することができます。これにより、現代の社会や国際関係をより深く理解することができるのです。

 

東大日本史の特徴

東大入試では世界史・日本史・地理の中から2科目を選択することが求められます。

特に日本史では、与えられた資料を読み解いて事実を正確に把握し、それを論理的に組み立てて論じる能力が必要とされます。

つまり、一問一答で培ったような浅い知識では太刀打ちできません

多様な視点から歴史を捉え、自らの意見を形成し、表現することが重要です。

 

東大合格者の特徴と求められる能力

東大合格者は、広範な知識の習得と高い分析力、論理的思考能力を持っています。具体的には、歴史的事実とその背景を理解し、与えられた資料と結びつけて、求められた問いに論理的に答える能力です。

 

基礎知識の確立

基礎知識の確立

東大日本史の学習において、まず重要なのが基礎知識の確立です。全て論述であるとはいえ、基礎知識なしには論述できません。基礎知識がしっかりと身についていることで、より深い理解へと進むことができます。また、基礎知識を元に、さまざまな事実や出来事を関連付け、分析することが可能となります。

東大入試に必要な基礎知識というと難しそうに聞こえるかもしれません。しかし、私立文系レベルの細かい知識は全く必要ありません!教科書に出てくる知識だけで十分です!!

 

おすすめの教材

効果的な学習を行うためには、適切な教材の選定が重要です。教科書や参考書をうまく組み合わせて使用することで、効率的かつ効果的な学習が可能となります。

特におすすめできるのが山川の「詳説日本史」です!学校で配られたという人も多いのではないでしょうか?

私は、この詳説日本史を何周も読み込んで基礎知識を蓄えていました!(注や補足も全部読みましょう!)

 

おすすめのサイト

インターネット上には、日本史の学習に役立つ多くのリソースが存在します。オンライン講座やウェブサイト、動画コンテンツを活用できます。

私がよく利用していたのは、日本史の「赤本」の著者が作成している「東大日本史/解法の研究」というウェブサイトです!

こちらは東大の過去問の解説・答案例が無料で公開されており非常に有益です。

最初のうちは答案の書き方がわからないと思うので、徹底的にマネしましょう!

 

問題演習と模試の活用

問題演習と模試の活用

日本史の学習において、問題演習と模試の活用は非常に重要です。これにより、学習した知識の定着と、実際の試験における対策ができます。

 

定期的な問題演習の重要性

定期的な問題演習を行うことで、学習した知識の確認と定着ができます。

私は、東大日本史を受験する学生の問題演習は過去問だけでよいと考えています。

その理由としては、東大の問題形式が特殊なので他の問題演習をしても大して練習にならないこと、そもそも過去問以外に手を出す時間はないだろうということです。

夏あたりから過去問をどんどん解いていきましょう!

 

模試での実力試し

模試を利用することで、実際の試験に近い環境での実力試しを行うことができます。

これにより、試験における時間配分や精神的な対策も考えることができます。模試の結果を分析することで、今後の学習計画や対策を立てることができます。

私は模試で全国一位をとったことがあると言いましたが、模試によっては偏差値が50を割ることもありました。全国一位をとったのは浪人期の秋の模試で一番最後に受けたものです。繰り返し受けることで形式に慣れていくので心配しないでください。

 

現役東大生からのアドバイスと学習環境

現役東大生のアドバイス

現役の東大生からのアドバイスは、東大合格を目指す学生にとって貴重です。

私も受験生時代は日本史の勉強法の正解がわからず戸惑いました。

実際に合格した人の勉強法を参考にするのが手っ取り早いでしょう。(このブログが皆さんの勉強法の道標になれば嬉しいです!)

 

東大生の効果的な勉強法

今まで述べてきたことのまとめになります。

勉強法

・「詳説日本史」で基礎知識を確認する

過去問の演習をする(その際、赤本や「東大日本史/解法の研究」の答案をマネする)

・模試を受けてみる

 

東大合格者の学習計画

東大入試は科目数が多いので、日本史の勉強に割ける時間は多くないです。合格者は時間の管理がしっかりできている人が多いという印象です。他科目との時間配分をしっかり計画することが重要です!

 

まとめ

本記事では、東大合格を目指す学生のための効果的な日本史の勉強法とテクニックについて詳細に解説しました。以下は、本記事の主要なポイントです。

効果的な日本史の勉強法の要点

  • 教科書で基礎知識の確立
  • 定期的な過去問演習と模試を活用し、試験対策を行う。
  • 現役東大生のアドバイスを参考にする
  • 時間管理をする

忙しい中、この記事を読んでくださってありがとうございます!

本記事が、東大合格を目指す皆さんの一助となり、効果的な日本史学習に役立つことを心から願っています!

 

またスタディコーチ(studycoach)の公式LINEアカウントでは、受験や勉強にお得な情報を発信中です! 各種イベント・お得なキャンペーンのお知らせを受け取ることもできるので、ぜひ友達登録よろしくお願いします!

LINE友だち追加ボタン

 

今回の記事の執筆者は、スタディコーチ(studycoach)でコーチも実際に務めています!

スタディコーチ(studycoach)は現役東大生・早慶生のみが質の高い授業を行っており、高い指導実績と満足度を誇る個別指導塾です!

  • ただの授業では終わらない「オーダーメイドのカリキュラム作成」
  • 東大生に質問し放題の「オンライン自習室」

など、充実したサービスについてもっと知りたい方は、TOPページをご覧ください!TOPページを覗く

合格実績

無料体験はこちら
お問い合わせはこちら