【東大生の勉強ブログ】東大流、勉強を効率よくこなすコツ①

Pocket

こんにちは。東大経済学部の住田です。

高校生の皆さんは現在、
学校の課題や部活動の大会・練習試合、個人的な用事など様々なタスクを抱えていると思います。
そこで今回は受験以外でも使える、
膨大な量のタスクをどのように管理したらいいのかについて紹介していこうと思います。

今回はまず、
タスク管理をする上で気をつけなければならないポイントについて書きます。
予定の組み立て方は人それぞれなので、
タスクが重なってしまって常に忙しいという状況になっている方は是非参考にして下さい。

 

逆算的に実行計画を立てる

仕事に追われてしまう人は、積み上げ型の思考をしている場合が多いです。
つまり、
とりあえず目の前にあるタスクをこなしていって
最終的に目標にたどり着こうという感じ
です。

時間というのは、基本的にはいくらあっても足りないものなので、
この思考では目標を達成できるかどうかに対しての運要素が大きくなってしまいます。
時間に制約がある時点で、完璧に物事を成し遂げようというのはかなり難易度が高いので、
目標を設定してから逆算して今何をするべきかを考えるようにするように心がけましょう

 

物事に優先順位をつける

これは受験でも非常に重要です。
特に難関大学を目指す方は、共通試験でも二次試験でも多くの科目のレベルを限られた時間で上げていく必要があります。

ですから勉強で言うと、
自分の得意不得意や学習の進み具合などを考慮した上で、
何から手をつけるべきかを決めるようにしましょう

 

時間も考慮して計画を立てる

毎日やるタスクを決めているけど、
結局1日の終わりにやるべきタスクが残っていると言う状態の人にとても有効です。
何時から何時にこれをやると前もって決めておくことで、
自分が1日でどれくらいのタスクをこなせるのか、
無理のない範囲で計画を立てられるようになリます

 

以上、とりあえず3つのポイントを紹介しました。
引き続き2、3回はタスク管理についての記事を書いていこうと思いますので、是非読んでみて下さい。

Pocket


スタディコーチとは

業界最高峰の

東大コーチ陣

生徒に応じた

学習コース

オンラインで

全国指導可能

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です