【東大生が徹底解説】夏休みの勉強で気をつけるべき3つのポイントとは?

Pocket

みなさんこんにちは。東大経済学部の住田です。

高校生のみなさんはすでに夏休みに入られたでしょうか。
受験生の方はすでに夏休みにどのような勉強をするのかを自分で決めている方も多いかと思います。

夏休みは受験において非常に重要な期間ですので、
改めて夏休みの勉強について気をつけるべき点をいくつか紹介して行きます。

 

1.優先順位をつけて勉強に取り組むこと

受験というのは事前にいつ試験を受けるかが決まっており、みなさんが勉強に使える時間は有限です。
ほとんどの受験生の方が未完成の部分を抱えたまま受験を迎えることになります。

ですから、自分が試験での得点を最大化するためには何を勉強するべきなのかを常に考えましょう
これは特に貴重な夏休みの勉強計画を立てる際には強く意識しましょう。

人にとって優先順位は違うと思いますが、ほとんどの人は
英語・数学>>社会・理科 (文理それぞれ)>>>国語
というイメージで計画を立てるといいと思います。

 

2.新しい分野の勉強よりも過去の復習

何度も言われている事かもしれません。
しかし、曖昧な知識というのは試験の時には役に立たないものです。

確固たる知識を1つでも多く身に付ける事、
勉強したのに理解しきれていない部分を完璧にする事の方がとてつもなく重要です。

夏休み以降は過去問や問題集などで演習を中心に行っていく方が多いと思います。
夏休みは自分の知識を改めて整理する最後の機会だと思って、少しでも確かな知識を増やしましょう。

 

3.志望校を改めて考えること

みなさんはなぜ今の志望校に行きたくて勉強しているのでしょうか?
自分の今の偏差値で合格できそうな大学だからという理由で今の志望校を決めた方、
今一度立ち止まって考えてみましょう。

なんで大学に行くのか?
なぜその大学なのか?
その学部・学科なのか?
受験生の方は目の前の勉強に必死で視野が狭くなりがちですが、
大学受験なんて別に全ての人に必要なものではありません。

みなさんにとって志望校に入ることがどんな意味を持つのか改めて整理してみましょう。

 

 

以上、夏休みに入るにあたって受験生の方に気をつけていただきたいことを紹介しました。勉強に関しては1つめと2つめを参考にしていただけると良い夏休みにできると思います。

Pocket


スタディコーチとは

業界最高峰の

東大コーチ陣

生徒に応じた

学習コース

オンラインで

全国指導可能

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です