東大志望者必見!|東大日本史の勉強法を現役東大生が解説します!

Pocket

こんにちは。東大経済学部の住田です。

今回は東大日本史の勉強法について紹介します!というのも、東大の日本史は見たことがある人ならわかると思いますが、単純な暗記では到底太刀打ちできず、何も考えずに勉強していると学校の授業と定期テストの勉強の延長線上に東大日本史で高得点を取れる未来は待っていません。特徴的な東大日本史に対応するために私がしていたことを2つほど挙げていきます。

 

字面に囚われるのではなく、背景を意識すること

歴史科目の勉強というと、どれだけ知識を頭に入れることができるのかにこだわっている人が多いです。しかし東大日本史ではその歴史的な出来事がなぜ起こったのか、その背景にはどんな日本・世界の様子が隠れているのかを理解できているのかを問う問題が頻繁に出題されます。

教科書に載っている知識をどれだけ構造的に整理できているか、その知識を与えられた資料から得られる情報といかに適切に結びつけて、回答に反映できるのか。日本史・世界史といった歴史科目をただの暗記で終わらせるのか、その先のステージに進むのかで大きく結果が分かれると思います。

 

日本史(日本の歴史)の学習を楽しむということ

もともと高校に入るまでの勉強では私も暗記一辺倒でした。人より時間をかけて勉強しないと頭に知識が入らないことが多く、やったらやっただけ点数が伸びる科目として社会科目を認識していました。

しかし、高校範囲の日本史ともなると単純暗記を繰り返すだけの勉強では必ず退屈になる段階がやってきます。学校の先生や参考書、映像授業など日本史の背景知識(雑学ではないです)を教えてくれる人を探して勉強することで、日本史の魅力に気づくはずです。私も高校時代は現在学研プライムゼミの講師をされている野島博之先生の講座を受けており、構造的な知識の身につけ方を少し覚えられ本番でもそれなりに戦えました。

 

お勧め参考書・講師

・野島博之先生の講座、参考書(東大日本史問題演習、中学から使える詳説日本史ガイドブックなど)

・つかはらの日本史工房 (http://tsuka-atelier.sakura.ne.jp/)

 

日本史が苦手な人は、まず周りで日本史を楽しいと思わせてくれる人、書籍を探してみることをお勧めします。他の科目でも同じですが、どうせやるなら楽しく勉強した方が自分のためになると思います。

Pocket


スタディコーチとは

業界最高峰の

東大コーチ陣

生徒に応じた

学習コース

オンラインで

全国指導可能

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です