コラム

HOME > 東大生の勉強ブログ > 【東大式】国語の勉強法!受験本番で9割取るには?【東大首席】
2022年01月25日 studycoach-official 東大生の勉強ブログ

【東大式】国語の勉強法!受験本番で9割取るには?【東大首席】

Pocket

【東大式】 国語の勉強法! 受験本番で9割を目指す!【東大首席】

みなさん、国語は得意ですか?

国語は受験でも必須科目ですが、得点が伸び悩みがち

「どう勉強したらいいかわからず、なんとなく試験日を迎えてしまっている」なんて人も少なくないですよね。

 

今回は、東大首席による「東大式」国語の勉強法現代文・古文・漢文に分けて紹介します!

定期テストから受験まで広く使えるテクニックが詰まっているので、国語がニガテな人も、さらに得意にしたい人も必見です。

 


【現代文編】じっくり確実に解いていく

 

「どうしても成績が上がらない」「読むスピードが追いつかない!」など、現代文に悩む学生は多いです。

しかし正しいやり方で取り組むことさえできれば、国語の成績をステップアップさせていくことは不可能ではありません!

 

今回お伝えする「東大式」現代文のポイントは3つです!

 

①漢字、キーワードはしっかりと固める

現代文に限らず、国語の基礎は単語です。

特にキーワードとなる単語がわからないと、どうしても文章を理解するのは難しくなってしまいます。

したがって、普段の勉強で知らない単語や漢字に出会ったら、必ず確認しましょう。その都度参考書や辞書で調べることで、知識を吸収していくことができます。日々の積み重ねが重要なのですね。

 

②最初は時間を気にせず解く

現代文でネックになるのが、読む・解くスピード

しかし早く解けるようになりたいからこそ、最初はじっくり確実に取り組むのが効率的です!

時間をかけて深く問題と向き合うことで、思考力や読解力が鍛えられます。

参考書の問題や過去問も、まずは時間をかけてじっくり解きましょう。

そして徐々に得点率が上がってきたら、時間内に解く練習へ移るつもりで進めるのがオススメです。

 

③設問は必ず前から順に解く

実は現代文の設問は、「可能な限り文章全体を活かす」ように作られています。

良い問題ほど、設問1つ1つが文章の流れと繋がっているので、設問は必ず前から解いて流れに乗りましょう。

 

流れ=誘導を意識し、「棒線部や空欄が出てくるたびに解く」のが早く&確実に解くためのポイントです!

特に選択問題では、頭の中で答えを思い浮かべてから選択肢を見る必要があります。先に答えをイメージすることで、微妙な選択肢の違いに惑わされにくくなるのです。

 

【東大首席合格者のやり方に従え!】共通テスト現代文で9割を取る4つのポイントとは?

以上の3つを意識して勉強すれば、現代文の成績アップに繋がることでしょう。

 

またこちらの動画では、現代文の共通テスト対策を東大首席自ら説明しています。

共通テストならではのポイントにも多数触れているので、特に受験生はぜひチェックしておきましょう!

 

 

【古文編】セオリーさえできれば得点源に!

 

さて、次は古文です!

活用や品詞の多さから、国語の中でも「古文はコスパが悪い」というイメージを持っている人もいるのではないでしょうか?

しかし古文は、正しいセオリーで着実に勉強していけば、安定して高得点が目指せる科目です!

 

ここからは、古文で得点していくための勉強を3ステップで紹介していきます!

 

①まずは文法書1冊を完璧に!

まずは文法書を1つ丸々覚えましょう!

古文文法は基本的に、「動詞の活用」「助動詞」「助詞」の3つが重要です。

この3つを最初に完全に定着させることが、古文の得点を安定させるコツとなります。

 

一度完璧に覚えても、忘れないように定期的に復習しましょう。

進め方としては、日々コツコツと「数ヶ月かけて1周する」よりは「数日で手早く1周する」のを繰り返し、記憶の穴を埋めていく方法がオススメです。

 

②単語はイメージで覚える

次は単語ですが、古文単語のほとんどが2つ以上の意味を持っています。これを全て覚えるのは非効率ですよね。

そこで、単語は「イメージで」覚えることを意識しましょう!

例えば、「をかし」なら「良い、みたいに”広く使えるポジティブな表現”」とイメージすることで、「趣がある」「かわいい」など異なる意味同士が繋がってきます!

 

しかもイメージで覚えることができれば、本文が読みやすくなるだけでなく、柔軟な”訳”を作る力も鍛えることもできます。

さらにイメージに沿ったゴロ合わせも作れると、一層覚えやすくなるでしょう。

 

このように、「イメージで覚える」勉強法には、たくさんのメリットがあるのですね。

 

③ストーリー・背景を理解しながら演習しよう!

さて、文法・単語を押さえてようやく、基礎問題に集中する段階に入ります!

 

定期テストや共通一次レベルであれば、基礎問題をじっくりやり抜く方針で進めましょう。

基礎では物足りなくなったり、2次試験の対策が必要になってから、応用問題に手を付けるのが効率的です。

 

そして演習で意識してほしいのは、「ストーリーや背景を理解する」こと。

現代文で、一度読んだことがある小説や、知っているテーマの文章が出てきて解きやすかった経験はありませんか?

「展開が予想できる」「イメージ・共感できる」と、人はよりスピーディに内容を理解でき、高得点に繋げることができるのです。先ほどの東大式②「イメージで覚える」とも繋がってきますよね。

例えば、源氏物語が恋愛小説だと理解し身近な少女漫画のようなイメージを持てれば、文章も読みやすく&現代語訳も自然なものになりやすいので、高得点を取れる可能性も高くなります。

古文常識の参考書や有名な古文の和訳を読んでおき、問題を解く中で気になるポイントが出てくるたびに、参考書を確認してイメージを深めていきましょう!

 

【神回】古文の成績が伸びないって?なら東大首席流の勉強法を真似してみたら?

ここまでご紹介してきた古文の勉強方法については、こちらの動画でも東大首席自ら解説しています。

本記事で説明した3つの勉強法に加え、動画ではおすすめの教材と進め方のヒントまでセットでご紹介しているので、「今日から行動して成績を上げたい!」という人は必見です。

 

 

【漢文編】2ステップで&英語のように解く!?

 

さて、現代文・古文と説明してきましたので、残る漢文を攻略していきましょう。

漢文も、「なんとなく感覚的に」解こうとしてしまう人もいらっしゃいますよね。そして感覚的に解いているからこそ、「答え合わせや解説を読んでもいまいち次に活かせない」「次も感覚的に解かざるを得ず、点数が伸びない……」といった負のループに陥ってしまいます。

しかし漢文も古文と同様に、正しい勉強法さえ確立できれば安定した得点源にすることが可能です!

 

それでは、現役東大生がオススメする漢文の勉強法を、大きく分けて2ステップで紹介していきます。

 

①句型・重要単語の暗記

現代文・古文と同様に、まずは単語の知識をつけることを優先しましょう。

 

注意点は、漢文の文章は古文以上に句法と単語が混じり合っていること。漢字一字の役割が相対的に大きい漢文では、一字の読み間違いも失点に繋がり得ます。しかし、一字の持つ意味が広く、名詞・動詞と助詞が入り混じっているため、解釈の間違いや見落としが発生しやすいのです。

そこでオススメしたい勉強法が、句法・重要単語がセットでまとまった参考書1冊を完璧にする」進め方です。

普段使う参考書の選び方から注意する必要があるのですね。

さらに、文法問題に不安が残る人は、「演習しながら進める」形式の参考書をもう1冊準備し、並行して進めていくとよいでしょう。

 

 

②文構造・ストーリーへの慣れへの慣れ                                              

漢文が読みづらい原因は、「漢文の文構造」にあります。

実は英語の構造と同じ「SVO構造」が中心であり、その順番への慣れが必要なのです。

したがって、国語ではありますが、むしろ割り切って外国語だと思い、週1以上のペースで漢文に触れていくことが重要です!

 

また「前半にお話がきて、後半にその話から得られる教訓が書かれる」といったストーリーの流れを把握することもポイントで、ストーリー展開を予測して解く習慣をつけていきましょう!

 

以上の2ステップを着実に進められば、漢文がかなり解きやすくなります。そして国語の得点の安定へと繋げることができるのです。

定期テスト対策には教科書ガイドを

中学・高校の国語の定期テスト対策には、ここまでの勉強法に加え、「教科書ガイド」の活用がおすすめ。

特に古文漢文は単語の訳・活用、文章全体の和訳まで網羅されている本が多く、日々の勉強も効率よく進めることができます。

授業で扱った内容を深く学習していけば、定期テストだけでなく受験にも活きる国語力を育てることも可能です。

 

 

まとめ

 

今回は「東大式」国語の勉強法をお伝えしてきました。

国語は、正しい勉強法さえ確立できれば、得意科目にできます!

 

ポイントをまとめると、

・現代文はじっくり確実に

・古文は「文法書を覚える」→「単語をイメージで覚える」→「ストーリー・背景を意識しながら演習」する

・漢文は「句型と重要単語をチェック」→「文構造やストーリーに慣れる」

というステップを踏むことが重要でしたね。

 

今日から実践し、どんな問題も解ける実力を効率良く磨いていきましょう!

 

またスタディコーチでは、公式LINEアカウントで受験や勉強にお得な情報を発信中です! 新着記事のお知らせを受け取ることもできるので、ぜひ友達登録よろしくお願いします!

 

 

ライター情報

H・K

東大工学部3年。理系ですが得意科目は国語で、合格を支える得点源になっていました。「東大式」勉強法で、みなさんが効率良く勉強できることを願っています!

    お問い合わせはこちら