東大生の夏休みの過ごし方

Pocket

こんにちは。東京大学2年の小川です。

最近は勉強に役立つようなお堅いアドバイスみたいなことを書いてきましたが、
せっかく多くの人が夏休みに入ったということで!

今回は題名にもある通り、東大生の夏休みのリアルを伝えて、
大学受験への勉強のモチベーションアップに繋げてもらえればと思います。

インパクトをつけるために「東大生の」としましたが、東大生もただの大学生です。
もちろん就活や将来のためにスキルアップの時間として活用している人もいると思いますが、
そうでない人も多くいるということ。

今回はそんなただの大学生がどのように夏休みを過ごしているのかお伝えしましょう!

 

大学生の夏休みは非常に長い

知っている人もいるかもしれませんが、大学の夏休みというのは中高のそれと全く異なります。

まず期間ですが、大体8, 9月の2ヶ月ほどもあります
その始まりも中高と違い、受講している授業が各学生によって異なるため、人によって変わってきます。

7月末のテストが終わったり、最後のレポートを提出し終えたりした人から夏休みに入ります。
そのため、学期の初めに上手く受講する授業を選べば、楽に早く夏休みに入ることもできるというわけです。

私がそのような手段を取ったかどうかは想像にお任せしますが、
東大の場合は成績が学部選択に関わってくることもあって、成績評価の方法を基準に授業を選択する人は少なくないです。

 

東大生も夏休みは遊びに全力!?

実際に夏休みに入って何をしているかということですが、
大学生はもちろん夏休みの宿題なんてないわけで、2ヶ月近く自由な時間を持っています
そうです、遊び呆けている人も山ほどいます。

私の知り合いはサークル関係の人が多いので、
彼らはサークル活動をしたり、そこでの友達と遊んだり(ワクチンも打っています)しているそうです。
私も例に漏れず、サークルに行ったり友達と会ったり、
あとは遠方に住んでいる高校の友達とリモート呑みをしたり、アルバイトで朝から晩まで働いたりしています。

中高と違って秋以降の授業で何をやるのかわからないので、予習勉強をしたりすることはあまりないです。
資格を取ったりする人はいますが。東大は文理問わずおそらく2年が一番暇だと言われているので、それを謳歌している最中ですね。

どうでしょうか?東大生といえども普通の大学生ですよ(あまりよくはないのかもしれませんが)。
皆さんも大学の楽しい夏休みへの期待を糧に、受験勉強と暑さを乗り越えましょう!

Pocket


スタディコーチとは

業界最高峰の

東大コーチ陣

生徒に応じた

学習コース

オンラインで

全国指導可能

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です