東大生ブログ|受験勉強が辛い?

Pocket

みなさんこんにちは!東大経済学部の住田です。

11月半ば〜12月にかけては旧帝大などの大学別模試や、直前の共通テスト模試が行われる頃です。いつから受験を意識して勉強してきたかは人によると思いますが、半年以上受験勉強をしてきて入試前最後の模試となる人も多いと思います(共通テスト後も東進などの模試を受ける人がいるかもしれませんが)。本番前に周囲に人がいる緊張感のある状況で初見の問題を解く最後の機会となるので、入試本番を意識して問題を解く順番や、解ける問題から解くことなど実戦的なポイントを意識していきましょう。

 

さて、今回は「受験勉強が辛い?」というテーマで書いていこうと思います。先ほどの模試の話にも関連してくるかもしれませんが、入試本番も目と鼻の先というくらいの距離に見えてきていて、さらに模試が続いて自分の感触・結果で嫌でも自分の現状を突きつけられます。私も秋の模試で片方は初めてA判定が取れましたが、喜びも束の間でもう一方の模試はD判定を突きつけられてショックを受けていたのをよく覚えています。

大学受験は基本的には1年に1度しかチャンスがなく、難関大を目指すほど本番まで長い時間の努力を要するものです。部活動の大きな大会でも緊張を味わうと思いますが、受験勉強はそれとはまた違った緊張感があります。模試の結果が悪かったり、本番が近づいてくる焦りや不安から勉強が手につかなくなっている人もいるのではないでしょうか。そんな人には今一度、自分がなぜ今まで受験勉強を頑張ってきたのかを言語化して欲しいと思います。考えるだけではいけません。紙に深く考えることなく書きなぐってみてください。自分の想いが可視化されて、悩みや不安が少し和らぐと思います。

 

1日何時間も勉強して、それを半年以上続けてもなかなか成績が上がらないことはざらにあると思います。みなさんの努力は一直線ではないにしろゴールに近づくための糧となっていることは間違い無いと思います。自分がなぜその志望校にいきたいと思っているのか、大学に入ってどんなことを実現したいのか。これを今明確にすることは、目の前の受験勉強を頑張るモチベーションを生み出すだけではなく、大学に入ってからの生活を豊かに押してくれると思います。

本番まで残された時間は少ないですが、だからこそ今自分がやるべきことは何かを明確にして、入試本番の得点向上につながるような勉強を1分でも多く積み重ねていきましょう。あまり気合いを入れすぎて体調を崩してもいけないので、睡眠・食事・運動は適度に行って頑張りましょう。

Pocket


スタディコーチとは

業界最高峰の

東大コーチ陣

生徒に応じた

学習コース

オンラインで

全国指導可能

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です